うつ病治療で薬を使うタイミングは?医師の指示に従おう

症状が軽い場合は少量の服薬で効果が期待できる

うつ病治療で薬を使うタイミングは、医師の判断や症状の程度によって決まりますが、いずれの場合でも医師の指示に従って服用を続けることが重要となります。また、副作用のリスクが高い抗うつ剤が処方された時は、使用中に健康上の問題が起こらないようにするため、薬剤師に薬の主な成分や正しい使用方法について、丁寧に説明を受ける必要があります。一般的に、不眠や抑うつなどの症状が軽い場合には、少量の服用で改善効果が期待できることもあるため、少しでも体に異変を感じた場合にはすぐに心療内科を受診することがおすすめです。

クリニックによっては、投薬治療だけでなく患者の希望に合わせて精神科医や臨床心理士によるカウンセリングや心理療法などに対応しているところもあります。そのため、薬だけでなく様々な治療法の中から自分に合ったものを選びたい人は、各クリニックで採用されている主な治療法について、ホームページを参考にしながら調べてみると良いでしょう。また、薬物治療の他にうつ病の症状を緩和するために有効な方法について知りたいことがあれば、早いうちからベテランの心療内科医が診察を担当しているクリニックを優先的に探すことが大切です。

症状が重い場合は入院をして大量の薬の投与が必要なこともある

うつ病が原因で自傷行為や希死念慮といった深刻な症状が現れているケースは、通院治療で対応することが難しいため、医師に入院を勧められることもあります。また、不眠の状態が長く続いている時は、抗うつ剤だけでなく睡眠導入剤をはじめとして様々な薬剤の投与が行われることがあるため、医師や家族と相談をして治療に臨むことが肝心です。入院をしてうつ病治療をする場合には、病棟担当の薬剤師が服薬管理や服薬指導をしてくれるため、薬に関する知識がなくても安心して治療を進めることが可能です。 なお、症状が落ち着いて退院をしてからも自分の判断で薬の服用を中断したり、誤った薬の飲み方をしたりすると再発のリスクが高まることがあるため注意が必要です。うつ病の患者を専門に受け入れているクリニックの中には、入院歴がある患者を対象に薬を飲むタイミングや一回あたりの使用量について、担当の医師が丁寧に説明をしているところも少なくありません。その他、一度に服用する薬の量が多い場合には、体質によって副作用が強く現れたり、アレルギーの症状が出たりすることもあるため、日々の体調面で気になることがあればすぐに医師に相談をすることが重要となります。