うつ病治療のガイドライン

うつ病治療ってどんな手順で進められていくのか、またどんな治療法があるのかまだまだあまり知られていないのではないでしょうか。治療が進んでいく過程がイメージできないと不安に感じる人もいるかもしれません。そこでここではうつ病治療のガイドラインの内容を見ていきたいと思います。

うつ病治療のガイドラインとは?治療の流れを知ろう

抑うつ気分や自信喪失や意欲低下などが見られるうつ病。ちなみに抑うつ気分とは、憂うつや寂しさや気分が滅入るなどの症状を総称したものです。また、精神症状だけではなく、睡眠障害や性欲低下などの身体症状が…

軽症のうつ病治療の流れとは?ガイドラインから治療の基礎を読み解く

うつ病の患者は、年々増加していると言われています。しかし、比較的軽度のうつ病は、早い段階での治療で改善に向かうことがあります。ガイドラインから、治療の流れを確認しておきましょう。まず、うつ病の程度…

重症のうつ病になってしまった場合の治療アプローチは?積極的な治療が必要に

重度のうつ病になった時は、しっかりと休養を取り、環境を調整していくことが大切です。まずはストレスを感じる環境から離れ、なるべく精神的に落ち着けるといいでしょう。ただし、うつ病は脳から出る分泌物も関…

うつ病治療の薬

うつ病治療で薬が必要だと判断された場合本人または家族がなんとなく不安に感じることもあるかもしれません。頭痛の薬のように効果がだれにでもわかりやすいものではないので仕方ない面もありますね。ここではうつ病で薬が必要なタイミングや効果それに注意点を見ていきましょう。

うつ病治療で薬を使うタイミングは?医師の指示に従おう

うつ病治療で薬を使うタイミングは、医師の判断や症状の程度によって決まりますが、いずれの場合でも医師の指示に従って服用を続けることが重要となります。また、副作用のリスクが高い抗うつ剤が処方された時は…

うつ病の薬にはどんな効果があるの?主なタイプを紹介

うつ病の薬は大きく分けて5種類あります。その5種類の中でも早くに開発されて使用されてきたのが、三環系、四環系と分類されているものです。この2種類は効果がはっきりと表れるので以前はよく使用されました…

うつ病の治療で薬を飲む場合家族が注意しないといけないことは?

まずはうつ病に対して理解を深める

うつ病は怪我のように外見で判断できるものではありませんし、非常に繊細で難しい病です。家族は常に味方であることに間違いありませんが、誤った対応をすれば深く傷つけてしまうこともあります。誤解を無くす為にも、まずはうつ病に対して理解をすることが重要です。例えば励ましの言葉は誤った対応として挙げられますし、一番間違えやすい部分です。もちろん落ち込んでいる本人に対してエールを送りたくなる気持ちは決して不思議ではありません。ただ、うつ病は必死に這い上がろうとしているのにまるで蟻地獄のように滑ってしまう感覚です。そんな時に頑張れと言われても、余計に苦しくなったりプレッシャーを感じてしまうのです。家族の基本的な姿勢としては、要求に応えつつ静観するというのがベストです。 医師の言葉を参考にするのも大切ですが、うつ病の経験者に話しを聞いたり現在うつ病患者を抱えている家族と交流することも大切です。インターネットを使えば手軽に情報を得ることは可能ですが、デマが含まれている可能性があるのでその辺りは注意が必要です。うつ病と一口に言っても症状の出方は様々なので、視野を広げないといけません。視野が広まればサポートする側も精神的な余裕が生まれます。

次のステップに向けてサポートする

薬を飲んでいると徐々に回復してきますが、焦りは禁物です。元気に行動できる日が増えてくると家族も安心できますが、翌日は再びベットから起き上がれなくなることもあります。気持ちが沈んだ時は自傷行為に走る可能性もあるので、薬や行動の管理に注意しなければいけません。風邪と同じで、治りかけている時に無理をすれば振り出しに戻ってしまうかもしれません。この点を第一に考えながら、同時に次のステップに向けてサポートする必要があります。サポートとは言っても無理に何かをするのではなく、簡単な会話をする程度で良いです。うつ状態の時はどうしても会話を拒んだり引きこもるなど難しい点もありますが、脳を使わないと機能が衰える一方です。薬で元気になっている時に、簡単な会話をすればある程度脳を使うことができます。 症状の変化によって薬の内容も異なってくるので、医師にしっかりと状況を伝える必要があります。絶対に避けなければならないことは、自分達の勝手な判断で薬を調整することです。少し元気になったから薬を減らすなどの行為は禁物です。治療が遅れるばかりか、悪化する危険もあります。本人が勝手に薬の量を調節することもあるので、家族が飲む薬を渡してあげるのが良いです。