うつ病の薬にはどんな効果があるの?主なタイプを紹介

比較的早くから使用されている種類、三環系と四環系について

うつ病の薬は大きく分けて5種類あります。その5種類の中でも早くに開発されて使用されてきたのが、三環系、四環系と分類されているものです。この2種類は効果がはっきりと表れるので以前はよく使用されました。しかし、効果がはっきりしている分副作用も激しいので処方が難しいのが特徴です。そのため、近年は使用頻度が減ってきました。三環系はセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。この薬は点滴としても使用できるので、早急に効果が欲しい時には今も使用されます。三環系の副作用としてよく知られているのは、立ちくらみや口渇感、動悸、眠気、便秘、排尿困難、かすみ目などです。

四環系抗うつ剤はノルアドレナリン再取り込みを阻害するので脳内のノルアドレナリン濃度が濃くなります。三環系に比べると副作用は弱いといわれています。その分効果の表れ方も穏やかになります。四環系の副作用では、口渇感や便秘、頭痛、眠気などがあります。抗うつ剤の多くは効果が表れるのに数週間かかります。それに比べると副作用は服用開始から1,2週間で現れます。服用開始当初は副作用だけを実感するので、患者は薬を服用することに不安感を抱いてしまうこともあります。

比較的新しいSSRI、SNRI、NaSSAについて

SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬といわれる薬です。セロトニンだけを選択して再取り込みを阻害します。そのため脳内のセロトニン濃度が濃くなり気分が安定します。効果も穏やかですが副作用も穏やかなのでよく処方される薬です。うつ病だけではなく不安障害や恐怖症など精神的に不安定な症状のときにも使われます。副作用として食欲不振や眠気、めまい、頭痛などがあります。 SNRIはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬といわれるもので、脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を濃くする働きがあります。SSRIよりは効果が早く表れるといわれています。副作用として吐き気や不眠、倦怠感、焦燥感、下痢などがあります。NaSSAはノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬といわれるものです。従来の抗うつ薬はセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害することによって脳内の濃度を濃くするものでした。しかし、NaSSAはセロトニンやノルアドレナリンの機能を強化することによって効果を表します。効果が早く表れるのが特徴です。しかし、副作用も全くないわけではありません。 副作用として眠気、食欲増進などがあります。食欲が増進するので結果的に肥満になることもあるので注意が必要です。